増額申し込みのメール

キャッシングサービスを既に利用している人が、新たな融資を求める事を増額申し込みと呼びます。増額申し込みの存在のおかげで、サービスのユーザーは必要に応じて援助を求める事が出来るのです。必要になったタイミングでお金を借りられるなら、余計なお金を借りる必要は無くなります。

しかし最初にキャッシングサービスを用いる時と同じ様に審査が必要です。新たにお金を借りれば業者が抱えるリスクにも変化が生じるので、リスクに見合う信頼を持つ事をユーザーは示さなければなりません。しかし初めてキャッシングサービスを利用する時よりも、増額申し込みの審査は難度が低いと言われています。既にキャッシングサービスを利用している顧客なので、業者側はユーザーにある程度の信頼を預けているからです。信用している顧客が相手であれば審査が緩くなる事は必然だと言えます。

問題になるのは既に借りている金額が、年収の三分の一を超えて総量規制の法律に触れてしまう場合です。年収の三分の一以上の借金をする事は、特殊なケースを除いて法律により禁止されています。そして業者からの信頼を損なう行動を起こした場合も増額申し込みの審査は通り難くなります。

具体的にはキャッシングサービスで定められていたルールを守らなかった場合です。キャッシングサービスに対する考え方がルーズな顧客には、業者もお金を貸したいと考えません。増額申し込みの判断材料として有効なのは、業者から届くメールの内容だと言われています。優良顧客として認められていれば、業者からサービスの利用を推奨するメールが届くからです。