誤解から一週分の金利を払うハメになった

カードローンの無利息サービスを利用して月賦を皆済したつもりでしたが、結果的にはゼロ週分の金利を支払うことになりました。補助が適用される起算日をあたいが勘違いしていたことが事情なので、融資していただいた組織はなんにも酷くはありません。生まれたばかりのわが子が重病をしてしまったので、いきなり12万円のオペレーション費用が必要になりました。

当時は8万円しか使えるお金が無く、残りの4万円をコネクションなどから金策することは諸事情により難しかったのです。そこでカードローンを利用することを検討するようになり、調べてみると30日間の無利息サービスを提供している会社があることを知りました。金利は無償に越したことがありませんので、あたいは次の対価日に単一返済することを目標にカードローンの把握申請を行いました。私の希望通りの結果になり、30日以内に返済すれば無利息で借りることができる威光を得たのです。

しかし、本当に返し終わってみるとあたいにはゼロ週分の金利の費消必要が課せられることになりました。あたいが利用したカードローンの形式、契約を結んだステージが無利息補助の起算日だったようです。それをあたいは勘違いしていて、分割払いを受けた日が起算日であると思い込んでいました。