キャッシングの審査は難しい!?

お金が急に必要になってしまうことってありますよね。
そんなとき、キャッシングの広告が目につくこともありますし調べてみるとそれしか方法がないのかなってなりますよね。
でもキャッシングには審査があります。通らないと、借りることはできません。
私大丈夫だろうか?と心配になったりすると思います。

審査は一般的に、仕事をしているかどうか、どういう仕事をしているか、年収はいくらかっていうのが問題だと思います。
今時、主婦やアルバイトでも借りられるところもあるので、ただの無職っていうわけでなければ収入が低くても大丈夫かと思います。
店舗にいくか、ネットからでも審査してもらうことができます。即日で借りられるというところも多いですよ。

中小消費者金融を申し込む際に審査の柔軟性を見極めるためには?

銀行や大手消費者金融でキャッシング契約が難しい場合、個人向け小口融資を得意とする中小消費者金融は有力な候補になります。中小消費者金融は、大手ではなかなか対応の難しい柔軟性のある審査が魅力です。

しかしながら、柔軟性があるかどうかは、インターネットの申し込みフォームから判断することも可能です。大手の申し込みフォームには無い確認事項がある場合、申し込み情報から状況を詳しく確認し、審査が行われます。

例えば、過去に返済遅延となり、金融事故情報が残っていても、既に事故が解消され、返済能力があると判断されれば契約は可能です。

中小消費者金融では、より審査では厳しい債務整理情報があっても柔軟な審査対応を行う会社もあるため、不安な場合は申し込みフォームを確認するのもおすすめです。

おまとめローンの審査は銀行カードローンより厳しい

消費者金融や信販会社からの借入額が年収の1/3を超えていると、新たな借入は行えず総量規制の範囲内に借入総額が下がるまで我慢しなければならないでしょう。おまとめローンへの借り換えが出来れば、金利引下げ効果により返済が楽になるので、総量規制の例外として認められているおまとめローンへの申込みを検討する人も多いです。

しかし、おまとめローンの審査基準は低金利融資への借り換えに等しいので、厳しい審査をクリアしなければなりません。カードローンの審査基準は、借入額が大きいほど厳しく、低金利になっても厳しいという特徴があるので、大口かつ低金利融資への借り換えとなるおまとめローンの審査基準はとても厳しいものです。

低金利融資への借り換えを総量規制対象外の方法で行なう方法として、銀行カードローンがあります。全ての貸金業者からの借入を1本化出来るほどの利用限度額設定は難しいとしても、消費者金融よりも低金利な銀行カードローンへの借り換えならば、現状よりも毎月返済する利息額を減らすことが出来るでしょう。

貸金業法に基づくおまとめローンよりも、銀行カードローンの審査に通過して適用法律が異なるカードローンへの借り換えを行なったほうが簡単というわけです。