在籍確認を受けておいた方が良い理由

業者によっては、必要書類の提出によって、職場に電話をかけて行う在籍確認が免除になることがあります。

しかし、余程の事情がない限り、在籍確認は受けておくことがおすすめです。

担保や保証人を用意しなくても、お金を借りることができるサービス、キャッシングで重要になってくるのが信用です。

少しでも業者に信用をして貰う為には、在籍確認を拒まないということも重要になります。

勿論、免除が可能な業者では、受けないことも可能ですが、在籍確認免除を選ぶと、通常よりも限度額が低く設定される可能性もあります。

希望限度額が10万円程度の少額であれ在籍確認免除を選んでも、影響が出る可能性は低くなりますが、まとまったお金を借りたいのであれば、在籍確認は受けておくことがおすすめです。

キャッシングを初めてする時の注意点

キャッシングローンは自動契約機で契約できるため、周りの目を気にせずお金を借りることができ、非常に便利です。
最初の申込は事前にインターネットで仮審査を受けておくと、若干ですが契約機の前に座っている時間を短縮できます。それでも30分程度は必要です。

契約の際は、会社への在籍確認の連絡が入りますが、実際には契約にいってるため、外出状態になります。僕は、技術系ですが、電話がかかってきて、僕をかなり探し回ってくれたみたいです。
契約が終わって、会社に戻るとどこにいてたのか?とかなり問い詰められました。申込される際は、会社には少し外出してますと伝えておいた方が良いです。

また、会社へは個人名で連絡がいきます。会社の電話受けてくださる人によっては、個人名での電話は対応しないことがあるので注意が必要です。
事前に個人名でかかってきても電話を受けてほしいと伝えておいた方が良いです。