キャッシングの利息は企業の利益

お金を貸す企業は返済時に見返りがあるからサービス提供しています。見返りが存在しなければお金を貸している間はリスクを抱えているだけだからです。

リスクに見合うリターンとは貸した額に数パーセントの利息分が上乗せされる事です。多数の顧客にお金を貸して少しずつ利息を得る事が、キャッシングサービスの基本的な仕組みになります。利息は国の法律ではなくサービスを提供している企業によって定められています。つまりリターンの大きさを調整してリスクマネジメントを行っているのです。

顧客は利息が小さくてより多くのお金を借りるサービスを望んでいます。しかし良質なサービスを利用するためには相応の信用が必要です。それを調査する事は審査と呼ばれており、キャッシングサービスを提供する企業は必ず行っています。一般的にキャッシングサービスの審査の突破は、利息が低い企業ほど難しいと言われています。

利息面が優れているサービスは社会的信用を得ている人物でなければ利用不可能です。しかし社会的な信用をほとんど持たない人物でもキャッシングサービスは存在しています。より多くの人にお金を貸した方が、利息分を得られる機会が増えるため企業の利益が上昇するからです。