3つの信用情報機関は個人情報を共有しています

金融機関がお金を貸す際信用情報機関に照会して、申し込み者の信用情報を調査するように法律で定められています。
現在信用情報機関は3つあり、金融機関はいずれかと提携しています。
ちなみにJICCは消費者金融が多く、CICは信販会社が多いです。
また銀行は全国銀行個人情報センターと提携しています。
しかし金融機関によっては2つと提携している場合もあり、境目は曖昧です。

この3つの信用情報機関は個人情報を共有しており、個人情報は筒抜けとも言えます。
ですから消費者金融で滞納していることが、銀行でも容易に分かります。
つまり借金の申し込みにおいて一番やってはいけないことは嘘をつくことであり、嘘をついてもばれるので審査に通ることはありません。