増額申し込みと信用情報について

キャッシングの増額申し込みというのは、やはり大きな金額が必要になった時に利用したくなりますが、それは新規の審査とは別な基準があってより難しくなることも多いです。その中でも一番影響力があると言われているのが信用情報です。

この信用情報と言うのは個人のキャッシングやローンの使用履歴や記録のことであり、これは各種信用情報機関が管理して各社に提供しています。ここから得た情報で各キャッシング会社は審査をするのですが、増額申し込みでもかなりの情報が審査の基準になります。まずはキャッシングでの事故情報ですが、これは延滞・債務整理・強制退会などの事故がありますが、これはかなり信用情報としてはダメージが大きく、一度なってしまうと5年から10年ほどキャッシングを新規に申し込んだり増額申し込みができなくなります。

その他の信用情報としては他社からの借入件数や借り入れ総金額などがあります。こちらは大体ですが3社あたりから厳しくなり5社以上だと増額申し込みは厳しくなります。借り入れ総金額に関しては総量規制という制度から年収の1/3以上の借り入れが出来なくなったため、その金額の限度に近いほど増額申し込みは厳しくなります。

このように信用情報はキャッシングにおいて審査基準となる大切な情報ですが、これは実は個人で開示を求めて確認することができます。有名なところとしてはCICやJICCなどの信用情報機関などが有料で開示請求ができますので、もし心配ならばしてみるのもいいと思います。