正社員になったとたん銀行から貸与のゴーサインが出た

自営業として10年限り頑張ってきましたが、その間は一度も銀行から貸し出しを受けたことがありませんでした。毎年のように貸し出しをしてもらうためのチェックを申し込んだのですが、その度に落ちてしまったからだ。確かにマネーは少なかったですが、返済能力がないわけではありません。
欲求借入金身の回りなら、返納計画を立てて完済する自身はありました。そのときは果報が悪かったのだとばかり思っていましたが、自営業を辞めて某ことの正社員としてはたらくようになってからは銀行から貸し出しをいただけるようになりました。サイドワークに必要なへそくりを詰めるために、100万円が必要だったときのことです。長年銀行からの貸し出しを断られ続けた僕は、おっかなびっくりチェック申し込みをしました。すると、あれほど僕への貸し出しを拒み続けていた銀行から賃借ができるようになったのです。ちなみに、自営業年と正社員になってからのマネーはほぼ同じで、約300万円ほどだ。
今回のチェック数値によって、銀行は個人の返済能力だけで貸し出しが可能か否かを判断して掛かるわけではないことが明らかになりました。ふと私の地元の銀行がこうした慣習を設けて頂けかもしれませんが、何だか全国的に同じことが起こるように思います。