増額申し込みと信用情報について

キャッシングの増額申し込みというのは、やはり大きな金額が必要になった時に利用したくなりますが、それは新規の審査とは別な基準があってより難しくなることも多いです。その中でも一番影響力があると言われているのが信用情報です。

この信用情報と言うのは個人のキャッシングやローンの使用履歴や記録のことであり、これは各種信用情報機関が管理して各社に提供しています。ここから得た情報で各キャッシング会社は審査をするのですが、増額申し込みでもかなりの情報が審査の基準になります。まずはキャッシングでの事故情報ですが、これは延滞・債務整理・強制退会などの事故がありますが、これはかなり信用情報としてはダメージが大きく、一度なってしまうと5年から10年ほどキャッシングを新規に申し込んだり増額申し込みができなくなります。

その他の信用情報としては他社からの借入件数や借り入れ総金額などがあります。こちらは大体ですが3社あたりから厳しくなり5社以上だと増額申し込みは厳しくなります。借り入れ総金額に関しては総量規制という制度から年収の1/3以上の借り入れが出来なくなったため、その金額の限度に近いほど増額申し込みは厳しくなります。

このように信用情報はキャッシングにおいて審査基準となる大切な情報ですが、これは実は個人で開示を求めて確認することができます。有名なところとしてはCICやJICCなどの信用情報機関などが有料で開示請求ができますので、もし心配ならばしてみるのもいいと思います。

増額申し込みのメール

キャッシングサービスを既に利用している人が、新たな融資を求める事を増額申し込みと呼びます。増額申し込みの存在のおかげで、サービスのユーザーは必要に応じて援助を求める事が出来るのです。必要になったタイミングでお金を借りられるなら、余計なお金を借りる必要は無くなります。

しかし最初にキャッシングサービスを用いる時と同じ様に審査が必要です。新たにお金を借りれば業者が抱えるリスクにも変化が生じるので、リスクに見合う信頼を持つ事をユーザーは示さなければなりません。しかし初めてキャッシングサービスを利用する時よりも、増額申し込みの審査は難度が低いと言われています。既にキャッシングサービスを利用している顧客なので、業者側はユーザーにある程度の信頼を預けているからです。信用している顧客が相手であれば審査が緩くなる事は必然だと言えます。

問題になるのは既に借りている金額が、年収の三分の一を超えて総量規制の法律に触れてしまう場合です。年収の三分の一以上の借金をする事は、特殊なケースを除いて法律により禁止されています。そして業者からの信頼を損なう行動を起こした場合も増額申し込みの審査は通り難くなります。

具体的にはキャッシングサービスで定められていたルールを守らなかった場合です。キャッシングサービスに対する考え方がルーズな顧客には、業者もお金を貸したいと考えません。増額申し込みの判断材料として有効なのは、業者から届くメールの内容だと言われています。優良顧客として認められていれば、業者からサービスの利用を推奨するメールが届くからです。